SEOの基本的な考え方

検索エンジンは、
下記の6つの要素のどれかに重点を置いて変化をし続けています
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 テキストマッチ:ページ内におけるキーワードや有効なタグの利用状態
 サイト内テーマ:フォルダの構成、サイト内のリンクの状態
 サイトボリューム:インデックスされているページ数
 リンクポピュラリティ:外部リンクの数、質、属性
 サイト外テーマ:外部リンクと内部リンクのコンテンツのマッチ度
 クローラビリティ:検索エンジンが理解しやすいサイトの構造
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
検索エンジンの順位を決定する際に用いる技術を、
「検索アルゴリズム」と言います。
検索エンジンがサイトの検索順位を決める要素は、
大きく分けて内部要因の対策と、外部要因の対策のふたつです。
【内部要因】 サイトの各ページの中の記述の方法や
検索されるべきキーワードが含まれているかなど。
【内部対策】 検索エンジンに読み込まれやすいタグに書き直す。
キーワードを適所に含めていく。
また、ページを増産していくこと。
※自分のサイトに対する施策ですから容易にできます。
【外部要因】 外部リンク数や関連性の高いサイトからのリンクなど。
【外部対策】 他のサイトからより多く質の高いリンクを張ってもらうこと。
※この時、検索エンジンがあまり高い評価をしていないサイト(アダルト系など)
から多く被リンクをもらってしまうと、
そのサイトの価値を下げてしまうことになりますので注意が必要です。
また、SEO効果の見込めるリンクには、
とアンカーテキストに検索キーワードが含まれていなければなりません。
内部要因、外部要因どちらの対策も、SEOのメインとなることです。
こちらについてはこの後詳しく説明させていただきます。

続きはこちら